【アントマン&ワスプ】の感想!パニック障害持ちの映画鑑賞。

頼りなさ過ぎるヒーロー【アントマン

完璧過ぎるヒロイン【ワスプ

身長1.5センチ最小にして最強のヒーローアントマン&ワスプ

映画ポスターの写真

こんにちは、ユウです(*´ω`*)

心を整える方法の1つが映画を観ることで、公開初日に観に行ってきました(*´Д`)♡!

この記事ではアントマン&ワスプの感想はありますがネタバレはありません。(1作目アントマンについてはあらすじ等少し触れます)

ただただ素人のマーベル好きユウが何か言ってる記事です(*´Д`)笑

休職期間中の過ごし方について綴っています。休職期間は自宅待機じゃないです。ゆっくり家で過ごしていることが休み方の人や、旅行に行くこと、美味しいものを食べに行くことが休み方の人、休み方の方法は人それぞれ。たくさん頑張ってきた分、ゆっくりと休んで大丈夫です。

この記事でも書きましたがMARVEL作品、特にアベンジャーズが大好きで、休職期間中は1日に2~3本ずつぐらいDVDを借りて2008年アイアンマンから2017年マイティ・ソーバトルロイヤルまでの計15作品を時系列で全部見直しました(*´Д`)笑

アントマンって?

著作権等わからないので、写真はなしで書いていこうと思います(>_<)

「アントマン」は2015年に第1作目が公開しています。(ここから1作目のアントマンのあらすじに少し触れます)

スコット(アントマン)は元窃盗犯でバツイチ。

侵入のプロで、ある日侵入した屋敷で「スーツ」を見つけて持って帰ります。家のバスルームで「スーツ」を試着していると、手についてあるボタンに気付きカチカチと押していたらアリサイズの1.5センチに小さくなってしまいます。

友人が帰ってきて、バスタブのなかに居る1.5センチのスコットに気付かずバスタブに水を溜めてしまいます。

なんとかバスタブから脱出するも小さな隙間からどんどんアパートの下へと落ちて行き、レコードが回っているディスクの上に落ちてぐるぐると回ったり、踊っている人たちの足元に落ちてヒールで踏まれそうになったり、ネズミに追いかけられたり、、、。

散々な目に合ってびっくりしたスコットは、慌てて盗んだ屋敷へ「スーツ」を返しに行ったところを警察に見つかり逮捕されます。

でもこれは「アントマン」のスーツを開発した、元S.H.I.E.L.D.に所属していたピム博士(初代アントマン)のしたことで「アントマン」になれるかのテストでした。

このスーツを使って身長を1.5センチに縮小して戦うだけではなく、アリたちとコミュニケーションをとることもできるので、アリに乗って空を飛ぶこともできます。

他のマーベル作品に比べるとシリアスな場面は少なく、ユーモアでテンポが良く、笑えて楽しく観れる、とにかく面白い映画でした(*^-^*)

ニューヒロインワスプって?

とっても美人で、強くてかっこよかったです(*´Д`)♡!

ワスプは「蜂」からきているみたいです。

「アントマン」1作目のラストシーンで、父ピム博士からワスプのスーツを渡されていました。1代目ワスプ(母)からスーツを受け継いで、2代目ワスプとして本作品で登場します。

感想「アントマン」を観ていなくても楽しめる?

他のマーベル作品に比べてコメディ色が強い映画です。

吹き出すぐらい笑ったり、クスッと笑えたり、ほろっと泣いてしまう感動的なシーンもありました。

1作目「アントマン」よりも、はるかにサイズチェンジアクションが楽しめて、1作目を観ていなくてもアクションが面白くてじゅうぶん楽しんで観ることができると思います(*^-^*)

ただ、アントマン(2015年)→シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)→アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年)を観ていた方が「え?なんのこと?」みたいにならずにより楽しんで観れそうですよ!

エンドクレジットも最後まで観ることをお勧めします(*^-^*)

ステッカー

普段あまり物は買わないけど、ICカードのシールならレジでお会計するときにいいなって思って買っちゃいました(*´Д`)♡!

1人映画はのんびりできていいですね♡!

彼が映画に詳しいのでいつも一緒に観に行きますが、今回はパスされちゃいました(笑)

【ヴェノム】は観に行こう!とのこと(笑)

私はその前に【プーと大人になった僕】を観に行きます!

最初に予告を観たときは「プーさんが実写化かぁ~」って思った程度だったけど、

クリストファー・ロビン「仕事があるから戻らなきゃ」

プー「それは風船より大切?」

【今のあなたは、あの頃なりたかったあなたですか?】

この言葉にやられて、きっと今の自分には必要な映画だって思って観に行くことにしました。

楽しみ(*´Д`)♡!

パニック障害持ちの映画鑑賞

タイトルで触れていましたが、パニック障害を経験して今は落ち着いてはいるものの向き合いながら生活しています。

未だに密室や圧迫感を感じる空間や人混みがダメで

エレベーターは3~4階ぐらいまでならなんとか乗れますが、人が2人でも乗っていたら乗れずに見送ります。荷物が少ない時は階段です。

電車も満員電車はパニックになって何回か救護室でお世話になっているので、絶対に乗らずに電車移動やバス移動は避けて生活しています。

どうしてもの時だけ人が多い時間帯を避けて乗ったり、各駅停車ですぐに下りられるようにするか、特急でゆったりと乗れるようにするか工夫していますが、特急も急行もなかなか止まらないので心臓はドキドキと息苦しく脳内は「はやくはやくはやく!」ってパニックです。

事故で停まろうものなら、、、って想像しただけで恐怖です。だからなるべく乗りません。

車も、高速道路や友達が運転する車もダメです。自分じゃ止められない、逃げられない状況が不安で仕方ないです。

適応障害になった時は、自分が運転する車でさえしんどかったです。

今も窓を前後ろと全部開けないと乗れなくて、この夏はクーラーをほとんどつけませんでした。

映画館で映画を観ることだけはできます

唯一、これはまだできるので安心しています。

ただ、必ず一番後ろの通路側に座っています。

時間帯も朝いちかレイトショーで人が少ない時間を狙います。

カフェの1人席もなんですが、両隣に誰かがいるのも圧迫感を感じて息苦しくパニックになってその場から逃げ出したりしてしまうんです。

両隣に誰も居なくて、圧迫感を感じないような席で観るようにしています。これでも「これなら大丈夫大丈夫!」って言い聞かせながら、水を必ず持っていないと不安(これは日常も)なので持参して、なんとか平常心を保てている感じです。

いつか観られなくなったらどうしようって思いますが、なるべく不安要素を少なくするにはどうすれば良いかを考えて症状と付き合っています。

なかなかこういう症状は理解されないことも多いですよね(>_<)未だに甘えだ!って言われることが悲しいです。

おわりに

久しぶりの1人映画、すごくよかったです♪

自分だけの、自分の為だけに使う時間。

とっても大切で贅沢な時間を過ごす事ができました(*^-^*)

最後まで読んで頂きありがとうございます ̄(=∵=) ̄♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする