適応障害と鬱病で休職後、復職せず退職【置かれた場所で咲かなくていい】②

こんにちは、ユウです(*^-^*)

【置かれた場所で咲きなさい】って言葉がありますよね。私も頑張らないとって頑張ってきましたが、結果適応障害や鬱になりました。環境を変えれば【短所が長所に】なります。環境を変えれば、まるっとあなたを受け入れてくれるあなたの居場所は他にもあるかもしれないですよ。

前回は私の経験をもとに【置かれた場所で咲かなくていい】のお話しをしました。

上記の記事で言ってた「心療内科や精神科に行ったあと、休職になったらどんな流れなの?」を私の場合ですが大まかな流れを書いておきたいと思います(*^-^*)

内科で異常なし→心療内科へ

ここからお話しします。

何もなくてただの甘えって診断されたらどうしよう、「こんなことで心療内科へ来たの?」って言われたらどうしようってすごく不安でなかなか心療内科へ行く勇気がでませんでした。実際に心療内科へ行ったときの感想と、診断書のもらい方などを綴っています。

当時の症状や詳しいことは上記の記事にまとめています。

職場でのストレスも重なり39度の高熱が出て内科へ行くも、風邪の症状以外は特に問題なし。

その時の看護師さんのひと言から始まりました。

●●●
看護師

内科としては特に異常はないけど、それだけ症状が出てるとなると心の不調かもしれないよ。

こう言われて【心療内科 何もなかった】ってGoogleで調べて、何もなくて「こんなことで心療内科へきたの?」って言われたりしたらどうしようって不安に思いながら心療内科へ行きました。

予約がなかなか取れない!

心療内科はどんなところだったのか?風邪を引いたから病院へ行くことと同じように心療内科をもっと身近に感じてほしいって思ったことや、予約のことや先生との相性のことを綴っています。少しでも誰かの支えになれば幸いです。

こちらの記事でも書きましたがびっくりするぐらい予約が取れませんでした。(心療内科①②で、心療内科での一通りの流れを書いています。)

精神科や心療内科、いろいろな病院に電話しましたが

①何ヵ月も先まで予約がいっぱい

②初診は平日のみ

③心療内科と表記はあるが、今はやっていない

④診療内科・精神科と表記があっても、認知症専門

4件目でやっとキャンセルがでたからって1週間後に予約することができました。

3ヵ月の休職になる

他の病院と同じように保険証を渡して問診表を書きます。

カウンセラーの方とお話しをして、その後先生とお話をします。

●●●
先生

よくここまで頑張ったね、3ヵ月休職しましょう。

こう伝えられて、外の待合室で待っている間に診断書を書いて下さいました。

受け取って明日から休職する旨を上司に電話しました。

これも待っている間にどのように伝えるかGoogleで調べていて、診断書を郵送している方も居たので持って行かずに郵送できると思っていましたが

●●●
上司

書類を書いたりしないといけなから会社へ来なさい。

こう言われたので次の日に会社へ診断書を持って行きました。

会社の応接室で上司に伝える

10分ぐらいで終わりました。

「書類を書いたりしないといけないから」こう伝えれていましたが、何もなく診断書を見ながら少しお話ししただけでした。

●●●
上司

こんな甘みたいな症状でほんとに休職が必要なの?3ヵ月も休まなくてもすぐに戻って来られるでしょ?

手続きが必要だと言われたから会社に行くだけでも辛いのに頑張って行ったのに、いろいろなことを言われるだけ言われて終わりました。

傷病手当金の申請も

●●●
上司

傷病手当金?本当に3ヵ月休職するかもわからないのに日数を計算したり書類を取り寄せたり、いろいろ面倒なんだよ。

って言われて、とりあえず早く帰りたかったのでその日は何も聞かずに帰りました。

休職期間がスタート

休職期間中の過ごし方について綴っています。休職期間は自宅待機じゃないです。ゆっくり家で過ごしていることが休み方の人や、旅行に行くこと、美味しいものを食べに行くことが休み方の人、休み方の方法は人それぞれ。たくさん頑張ってきた分、ゆっくりと休んで大丈夫です。

休職期間中は、こんな感じで過ごしていました。

この時も、傷病手当金がどうなるのか不安で休もうにも収入がないってなかなか気持ちも休まりませんでした。

でも、休職期間中の最初の1ヵ月は特に体調もしんどかったのでとにかく休むことを優先しました。

休職2ヵ月目に入って退職することを伝える

会社から離れて体調も少しずつ良くはなってきましたが、復職は考えられませんでした。

人間関係の修復は不可能、会社に自分の居場所もない、お給料も最初に聞いていた金額じゃない。

何度か会社に行くシュミレーションをして運転してみましたが、会社に行くって思うと吐き気・手足の震え・動悸がするようになり会社まで運転するなんて到底できませんでした。

復職しても同じことを繰り返すのが目に見えていました。

休職になる前からプロジェクトが終われば退職しようって思っていて、休職2ヵ月目に入っても退職しようって気持ちも変わらない。

復職しないとっていうプレッシャーでゆっくり休めない、傷病手当金とかもういいから早く解放されたい。

●●●
ユウ

体調を整えることで精一杯で復職は考えられない、これ以上迷惑をかけたくないので退職したいです。

こう電話で伝えましたが

●●●
上司

とりあえず3ヵ月休職するんでしょ?休みなさい。

こう言われてまだ退職はできませんでした。

この電話の時にもう1度傷病手当金のことを聞いてやっと書類を自宅に送ってくれました。

傷病手当金は、実際に労働不能となった過去の日数しか申請できないみたいです。

貯金等で生活費に少し余裕があるなら休職期間が終わってから申請する。

もしくは、途中で会社の締め日等に合わせて最初の1ヵ月分を申請してその後休職期間が終了してから再度申請といったように2回にわけたりもできるみたいです。

最初に3ヵ月分まとめて傷病手当金を申請することはできないんだそうです。

私は貯金があまりないので後者で、休職期間2ヵ月目に入った頃に会社の締め日に合わせて最初の1ヵ月半分を申請して、退職後もう1度申請と2回にわけました。

2回とも一筆書いた添え状と一緒に郵送しています。

休職期間中は復職するか退職するかの葛藤

頭の中は退職することでいっぱいでしたが、やはりどこかで戻らないと、頑張って復職しようって思っている自分もいました。

【復職するための休職期間だ】【3ヵ月も休職期間をもらったのに復職せず退職するなんて、、、。】【せっかく中途採用で入社させてもらったのに何の恩返しもできていない】こんな風に思っていました。

でも、復職してもプロジェクトが終わるまで異動はできない、収入も安定しない、戻ってまたあの上司やAさんと一緒に働いてもまた体調崩して迷惑かけてしまうと思って退職することに決めました。

正式に退職すると伝える

休職期間も3ヵ月目に入り「復職は難しいので退職したいのですが、お話しさせて頂けないでしょうか」と伝えました。

「○○日の▲▲時に会社へ来てください。」とだけ言われたのでその日に会社へ行きました。

アポを取っていたのに上司は打合せか何かで呼んでもらっても出てこず、総務の方が応接室で対応してくださって退職届や書類にサインをして、休職期間終了日を退職の日付として、その日で退職の手続きが終了しました。

あれだけ復職しようか悩んで、復職せずに退職するなんてやっぱり失礼過ぎるんじゃないか、何てみんなに挨拶しようかといろいろ考えていたのですが、呆気なく【これで退職です】って退職することになりました。

この日に退職の手続きをするっていうことも聞いてなかったので、思わず「私もう会社に来ないんですか?」って聞いてしまいました(笑)

あともう1回ぐらい行かないといけないかなって思っていたからもう来なくていいんだって思いましたが、ほんとに呆気なくて実感がわきませんでした。

上司にも挨拶をしていません。

自分が居た部署の方には挨拶しましたが、Aさんもその場に居ても目も合わせず下を向いていたのでもういいやって挨拶せずに帰りました。

悩んでいた時間がもったいない

あれだけ悩んで、精神的な病気にもなって、なのにこんなにあっさり退職になって上司も出てこない。

声も聞きたくないし心配してほしいわけでもないけど、休職期間中1度も上司から連絡はありませんでした。

あんなに何ヵ月も悩んでいたのにこんな終わり方。

もうこんな経験2度としたくないです。

休職期間中で、これからどうしようか悩んでいる方へ

自分が幸せだと思う方を選んでください。

・あの人にお世話になったから

・このまま辞めたら迷惑がかかる

・同期は良い人ばかりでみんな頑張っているのに自分だけ辞めるなんて

いろんなことを思ってたくさん悩まれていると思います。

でも、今までじゅうぶん頑張ってきたのだから、これからは自分の時間を大切にして自分の人生を生きてほしいです。

自分が無力や不能って意味じゃなくて、会社に自分の代わり(人)はいくらでも居ます。

でも、自分自身は自分しか居ないです。

【時間は有限】です。

こんな休職しないといけなくなるぐらいまで辛いことを頑張る為に時間を使うより、自分自身が生きる為に時間を使う方がいいと思うんです。

私はこの休職を経験したおかげで【心理カウンセラーを目指す】って目標ができました。

ある意味良いきっかけだったとは思いますが、もう絶対こんな経験は嫌だ!!(笑)

だから、悩んでいる方の支えになりたいです。

時系列で大まかな流れをまとめておこうと思いましたが、わかりにくいかもしれないですね(>_<)

もう退職したので、この職場の記事はこれで終わると思います。ネガティブなことをぐだぐだとすみません。

最後まで読んで頂きありがとうございます ̄(=∵=) ̄♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。